自力で涙袋って作れるの?効果的なストレッチ法

魅力的な涙袋は憧れの的ですが、実は生まれつきに限られるものではなく、効果的なストレッチ法によって自力で作ることができます。
にわかには信じがたいことですが、僅か1日3分という手軽さながらも、整形不要で理想的な涙袋が手に入ります。
自力で涙袋を作るストレッチ法のポイントは目の周りを囲む眼輪筋で、目頭と目尻を指先で抑え、動かないように固定するのが基本です。
使う指は人差し指と中指の2本で、一度目を見開いてから指先で抑えます。
目を見開いた瞬間に目線を上に向けると、よりしっかりと抑えることができます。
指先で目頭と目尻を抑える状態をキープしつつ、下まぶたに力を入れて上にあげていきましょう。
目を細めるようなイメージで、細かく上にあげるようにすると眼輪筋が鍛えられます。
眩しい時にする表情を思い浮かべると、正しいストレッチ法が自然とできますから、効果的に涙袋を作れる結果に繋がります。
所要時間は3分で、鏡を見ながら取り組むのが良いでしょう。
このストレッチ法を毎日続けると、涙袋の癖がついて次第に膨らみ大きくなっていきます。
ストレッチ法の効果が得やすく、1回の変化量が大きい人は驚くような違いが確認できるので、モチベーションが上がって無理なく続けられるはずです。
逆にすぐ効果が見られなくても諦める必要はないですし、続けていけばやがて違いが現れます。
1日3分を毎日続けるだけなので、お金はかからず気軽に始められますし、習慣化しやすく朝の時間にも組み込めます。
通勤や通学前に3分のストレッチ時間を作れば、毎朝鏡の前に立つのが楽しくなるでしょう。
ちなみに、この自力で涙袋を作るストレッチ法は、目を大きく見せながら小顔も追求できます。
つまり一石二鳥のお得なストレッチ法ですから、誰でも簡単に挑戦できるのにやってみないのは勿体ないです。
技術力と実績が豊富な実力派整体師がおすすめするほどなので、有効性には間違いありませんし、期待して取り組むことができます。