自宅で白髪染め成分配合のヘアカラーをする際の注意点

白髪染め

美容院に行く時間もお金もない人のセルフヘアカラー

美容室に行く時間や予算がない場合でも、自宅で白髪染め成分配合のヘアカラーをすることで対応できます。

自分でやるには面倒だしムラになりそうだとなかなか手を出しにくい人もいるかもしれませんが、コツをつかむことによって、便利に利用することができるでしょう。

白髪が多い人となると、サロンで白髪染めをするとなると、かなり頻繁に行かなければなりません。

しかしサロンのカラーリングを3カ月ごとに変えて、その間に伸びた白髪染めをカラートリートメントで対処することも可能です。

根元だけに使って、長い白髪を見つけた場合は、多めに使うことで対処できます。

ヘアカラーのメリットとは?

カラートリートメントのメリットとしては、脱色を行わないので安全性が高いことが挙げられます。

安全性が高いということは、髪の毛も傷みにくいということです。

特有の嫌なにおいがすることもなく、刺激もないため、急ぐ必要もありません。

少しずつ染まっていくため、不器用な人でも失敗することも少なく、たとえ失敗してしまったとしても3日もあれば落ちるなどのメリットもあります。

反対にデメリットしてあげられることは、しっかり染めたい場合には3回ほど繰り返さなければならず、コスパがやや悪いことです。

商品によっては染まり方や使い方なども異なり、数回やってみなければコツがつかめないかもしれません。

量が多すぎると首や耳のうしろまで色が付いてしまったり、健康な髪の毛や、シリコンが入っているシャンプーを使っている場合には、コーティングされていて染まりにくいなどの欠点があります。

ヘアカラーするときに準備するもの

カラートリートメントをする場合には、色の濃いタオル、使い捨てブラシを用意しましょう。

使い捨てブラシで、髪の汚れを事前に取り去っておきます。

ブラシにとる場合には、推奨されている量よりもかなり少なめに取りましょう。

多く使い過ぎてしまうと液だれし、首筋や耳の裏などにも色が付いてしまいます。

お風呂に入る前の乾いた髪の毛の根元のみにつけるのがポイントです。

長い白髪を発見した場合には、耳の長さでストップして全体的にとかすとよいでしょう。

最後にもみあげから後ろに向かってが仕上げることで上手に染めることができます。

カラートリートメントは、きちんとゆすげば色移りの心配もありません。

お湯が茶色くならなくなるまでしっかりと髪をすすぐようにしましょう。

すすぎが足りないと地肌や耳裏などにも広がる可能性が考えられます。

しっかりとコツをつかむことで、面倒なイメージがあったカラートリートメントも、手軽に取り入れられるようになるでしょう。

自宅でサロンレベルのヘアカラーなら

👉カラリス